Gライン株式会社

Gライン

「謙虚な反骨心」を持って

Gライン

浜崎正樹が声でGライン株式会社をご紹介

▼以下より音声をご聴取ください。


Gライン株式会社の荒牧敬雄社長とお話する中で何度か出てきたこのことば、「謙虚な反骨心」。大々的に表に出すものではなく、内に秘めたる気持ちとでも理解すればいいでしょうか。私にはピンとくるものがありました。なぜなら、私の感覚と似ているから。

荒牧社長は、大手の物流会社を辞めてGラインを設立しました。
若くして管理職にもなり順風満帆でしたが、そこから上を見上げた時に「自分が大好きだった会社に見えなくなってしまった」と言うのです。私も大好きだったFBSを辞めるときに同じ感覚を持ちました。「何か変化しなければいけないな。ならば自分から」という感じでしょうか。それは自分のためにではなく「人のために」です。忖度にまみれ従うことを良しとする世の中で、みんなが忘れてはいけない「少しの反骨心」を見せる。なので、荒牧さんも小社の「“従う”から“判断”の時代へ」というキャッチフレーズを気に入って下さいました。

そうそう、蛇足ですが、社長と私がこんなことを立ち話していたら、ある社員が間隙を縫ってひと言。「オレの目標は社長です。いや、超えますから!」「イイね~。超えてみせろよ!」という会話が私の目の前で展開。「謙虚な反骨心」は社風として根付いているようです。

経験者は採用しない!

Gライン


そんな反骨心から生まれたGラインの一番の特徴は、未経験者だけを採用することです。
新たな物流業界の形を目指す中で壁となるのは「今までの慣例・慣行・しがらみ」です。だからこそ、業界に染まっていないまっさらな人材を採用して、一緒に打ち破っていく。
そんな、いわば同志たちが働きやすい、自己実現できる環境を用意しています。

給与プランは2つ。インセンティブによるプランと固定月給制。自分の生き方、考え方に合わせて選べます。
キャリアパスプランでは、その立場、役職に必要な能力や条件を明文化。「自分はどのポジションに就きたいのか、そこに向けての計画を立てる」。いずれも自分のライフプランを描きやすくするための制度です。
「それぞれ自分の頭で考えてもらい花開くように導く」。これが荒牧社長の狙いです。別々の給与体系、上を目指す者、今にじっくり取り組む者。そんな個性に同じ方向を向いてもらうための教育も施しワンチームにしていきます。社長曰く「戦術理解度を高めてもらう」。まるでサッカーチームです。

「与えられるより与えなさい」


荒牧さんが幼少期に祖母から言われたことばです。
Gラインの目標は、地域に貢献して「人、食べ物、情報、お金が回るコミュニティをつくり出す」。アビスパ福岡やホークス、地元のスポーツクラブに協力するのも「子どもたちの人生のきっかけになれば」という思いから。行く行くは、ドライバーのセカンドキャリアとして農業支援もさせてもらって、その農作物をGラインのトラックが運び、子ども食堂でおいしい食事に変わる。その子たちが自己実現を達成して未来の日本をつくっていく。

Gラインは「与えられるより与えなさい」の教えを守り、大きな輪をつくってトラックの車輪のように転がしていきます。

概要

Gライン株式会社

福岡営業所福岡県糟屋郡粕屋町甲仲原3-9-33092-692-1137
空港前事務所福岡県福岡市博多区空港前1-1-7092-710-6793
大阪営業所大阪府東大阪市本庄西1丁目8-206-6743-7557
兵庫営業所兵庫県加東市吉井769-10795-20-5180
運送事業全般、保管・流通加工事業 保有車両88台

Gライン


▶︎ホームページ

SNSやってます!
▶︎Instagram
▶︎TikTok

関連記事

  1. 株式会社アース

    株式会社 アース

  2. 明石法律事務所

    明石法律事務所

  3. 嘉悦悦子所長

    第一生命保険 株式会社 嘉悦事務所